コンテンツへスキップ

AT-Okinawa主催・沖縄県障がい者ITサポートセンター共催による「Summer Program 2019」のお知らせです。

  • 時:9月14日(土)9時30分~
  • 場:沖縄県総合福祉センター西棟4階会議室
  • 参加費:1,000円
  • 込:こちらの申込フォームからお申し込み下さい(締切8/31)
  • ホームページはこちら

 

つい先日のアップルのイベント、WWDC2019の基調講演で新しいMac OS 「Catalina」が発表されました。たくさんの新機能や新製品が発表されましたが、OIT(沖縄県障がい者ITサポートセンター)としてとても気になるムービーが含まれていました。

いままでもSiriで音声認識をサポートしていましたが、新しいMac OSではSiriを利用した、音声コントロールをサポートすることを基調講演の中で映像ととともに取り上げていました。

今後もMac OSでは多くの人がコンピュータにアクセスできるような機能のサポートをつづけていくことが期待できますね。(石川)

障がい者ICT活用支援講座チラシ

「障がい者ICT活用支援講座」
障がいのある方へのICT(情報通信技術)活用の利用機会を広げ、社会参加促進を図るため、支援活動できる専門従事者やボランティアの育成を目的に開催します。

講師:寺島 彰 氏(日本障害者リハビリテーション協会 参与)
   渡辺 崇史 氏(日本福祉大学健康科学部 教授)
   吉原 朝健 氏(ハート義肢)
   照喜名 通 氏(沖縄県難病相談支援センター アンビシャス)
日時:2019年2月15日(金)13:00~16:00(12:30 受付開始)
   2019年2月16日(土)10:00~17:00( 9:30 受付開始)
会場:那覇市IT創造館(IT研修室)


対象:以下のいずれかに該当する方
   ①障がい者支援に関心、興味があり、ITの基礎的知識のある方。
   ②作業療法士、理学療法士、福祉用具・情報支援機器取扱従事者、
    医療ICT関係者など、障がい者へのICT支援の養成に携わる意欲のある方。
    (障がいの有無を問わない)
   ③講座受講後、ITサポーター(ボランティア)として活動していただける方。
定員:20名 残り7名
申込:
お申込みフォーム
電話番号:098-911-1930


  障害全般
 人間哲学に基づく障害者ICT支援
 講師 寺島彰氏
(日本障害者リハビリテーション協会 参与)

  肢体障害
 肢体不自由支援におけるICT利活用
 講師 渡辺崇史氏
(日本福祉大学健康科学部 教授)


  実践講座
 支援現場と給付金制度の活用
 講師 吉原朝健氏
(ハート義肢)


  実践講座
 コミュニケーションスイッチ製作
 講師 照喜名通氏
(沖縄県難病相談支援センター アンビシャス)

2日間の講座修了者には修了証を発行いたします。

主催:沖縄県障がい者ITサポートセンター

この講座は那覇市地域福祉基金補助事業として開催しています

沖縄県委託事業「沖縄県障がい者ITサポートセンター」の受託開始のキックオフ事業として開催します。

「情報アクセシビリティ講習」
身近なPCやスマホには障がい者等が利用しやすいようにとアクセシビリティ機能が備わっていますが障がい当事者も支援者、PC、スマホ販売する事業者の方々もまだまだ活用されていません。講習では障がいのある人にとって便利なアプリやOSの機能、最新のサービスなどをじっくり教えます。

講師:山口 飛 氏(アップルアクセイビリティ資格者:大平特別支援学校教諭)
   大島 友子 氏(日本マイクロソフト株式会社アクセシビリティ担当)
日時:2018年10月13日(土)10:00~16:00(9:30 受付開始)
会場:那覇市IT創造館(研修室)

対象:障がい者児支援従事者、パソコン等販売関係者、障がい当事者
定員:30名(定員に達し次第締め切ります。)

申込:お申込みフォーム
電話番号:098-911-1930

9:30 受付
10:00 講習Ⅰ
iOS(iPhone)のアクセシビリティ
講師 山口飛氏
(沖縄県立大平特別支援学校 教諭
AT-Okinawa広報担当
Apple Distinguished Educator
Apple Professional
Development Trainer

※受講の際は、必ずiPhoneまたはiPadをご持参ください。
12:00 昼食
13:00 講習Ⅱ
Windowsのアクセシビリティ
講師 大島友子氏
(日本マイクロソフト社
技術統括室
プリンシパルアドバイザー
アクセシビリティ担当)
※PC(Windows)は、主催者が準備いたします。
16:00 修了

主催:沖縄県障がい者ITサポートセンター
協力:日本マイクロソフト株式会社